東京都の小池知事は、フジテレビのインタビューで、新型コロナウイルスに感染した軽症者の滞在先として、ホテル1,000室を確保したことを明らかにした。

小池都知事「およそ1,000室ほどは確保できています」

小池知事は「東京は、ほかの地域と一桁感染者の数が違うので、大胆にスピードも確保しながら進めていきたい」として、今週中に病室1,700床の確保を目指すと述べた。

小池都知事「大きな流れとして、感染源がつかめない方々が増えているのが問題であって、これを『人の流れ』を圧倒的に減らしていくと」

また、東京都は、緊急事態措置を7日は公表せず、10日に発表し、11日に開始を目指すとしているが、小池知事は「国の大きな力をもって、知事として進めて参りたい」と述べ、国と連携して対応する考えを示した。

国立国際医療研究センター・大曲貴夫医師「『外出の自粛』はきちんと呼びかけ、『人々が集まる場の営業の自粛をよびかける』といったところをすぐにでもお願いしたい」

また、国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は、「外出自粛の呼びかけ以降に起こった集団感染を見ると、医療現場が逼迫(ひっぱく)しているので、早く変えたい」とも述べ、具体的な自粛要請をできるだけ早く出すべきとの考えを強調した。