容体は「安定していて元気だ」と発表。

3月末に新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相(55)は、4月5日から検査で入院していたが、6日夜、病状が悪化し、集中治療室に移された。

首相官邸は7日、現在の容体について声明を出し、「一晩安定していて元気だ。人工呼吸器はつけていないが、酸素を供給する措置をとっている」と明らかにした。

エリザベス女王はジョンソン首相に、「完全かつ迅速な回復を願います」とメッセージを送った。

イギリスでは感染拡大が続いていて、ジョンソン首相の不在が長期化すれば、感染対策への影響が懸念される。