ピンクバッタ「単為生殖」で繁殖させることに成功

今、千葉県の大学校で変わった色の昆虫が話題に…。

千葉県内の大学校の研究室で飼育されているピンク色のバッタ
バッタといえば緑色のはずだが、研究室によると遺伝子の突然変異で1000分の1ほどの確率でピンク色のバッタが発生するとのこと。
研究室では、この珍しいピンクのバッタをオスと交尾せずに子孫を残す「単為生殖」で繁殖させることに成功した。

「大変珍しい」のに10匹まで繁殖

千葉県立農業大学校の清水敏夫准教授は「ピンクのバッタが増えたという報告例は、国内では聞いたことがないですね。大変珍しいことだと思います」と話す。

世界的にも珍しいピンク色のバッタの繁殖。
これまでに10匹まで繁殖させたという。

研究室では今後、ピンク色の遺伝子がどの程度の割合で受け継がれるか研究を進めていくという。
また8月13日と27日に校内の体育館で一般に公開する予定とのこと。

(「プライムニュース イブニング」8月2日放送分より)