急速に発達した2つの低気圧の影響で、北日本や北陸などでは14日ごろにかけて猛吹雪などの「冬の嵐」に警戒が必要。

12日午前6時現在の北海道の新千歳空港の映像。
強い風で、すでに猛吹雪になっている。

急速に発達した2つの低気圧が北海道付近を進んでいて、北海道の太平洋側を中心に雪が強まっている。

帯広市では、午前3時までの6時間降雪量が、1月の観測史上1位となる41cmとなっている。

このあとも、北海道や東北・北陸を中心に雪や風が強まるとみられる。

13日朝までに予想される降雪量は、東北で70cm、北海道と北陸で50cmなどとなっている。

また、12日予想される最大瞬間風速は、35メートルに達する見通し。

北日本や北陸での「冬の嵐」は14日ごろまで続くおそれがあり、気象庁は、猛吹雪や大雪による交通への影響のほか、高潮による浸水などにも警戒を呼びかけている。