受験生にとっては勝負時、本格的な受験シーズンがやってくる。秋田県湯沢市では合格を願って、災害を乗り越えた「幸運のフルーツ」が中学生に贈られた。

 赤いリンゴに浮かぶ「合格」の文字。受験生に頑張ってほしいという思いが込められている。

 贈られたのは、湯沢市駒形地区で生産されたリンゴ。農業に深刻な被害をもたらした1991年の台風19号に耐え、落下しなかったことから「落ちないリンゴ」として知られている。

 湯沢市に本店を置くJAこまちが毎年受験生に贈っていて、ことしも高校受験を控える地元の中学生10人に、昨冬の豪雪を乗り越えて立派に育ったリンゴが贈られた。
 
 受験生は志望校への合格を目指し、入試までの残り期間、勉強に励むことを誓った。