トム・クルーズ主演映画で声優「“M:I”って感じ」

全世界で大ヒット中、トム・クルーズ主演「M:I」シリーズ最新作、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のヒット祈願イベントが2日都内で行われ、日本語吹き替え版で声優をつとめたDAIGOさんと広瀬アリスさんが登場した。

この記事の画像(10枚)

世界的ヒットシリーズの声優オファーがきた時の心境を聞かれると…

DAIGO:
まさに「M:I」って感じでした。

司会:
「M:I」?「ミッション:インポッシブル」?

DAIGO:
いや、「マジでいいの?」

そんなDAIGOさんが演じるのは、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントのライバル役。

DAIGO:
自分史上一番低い声で、これ以上低くなっちゃうと声も出ないんじゃないかってくらい。


また、広瀬さんは、イーサンを翻弄する謎の女性役。

広瀬アリス:
色気を声で表現してほしいとアフレコの時にずっと言われていたので、声で色気か~と思って、結構何テイクも重ねたりだとか。

イベントで、DAIGOさんが映画のシーンをまねた、ビルジャンプスタントやクライミングスタントに挑戦して会場を盛り上げた。

広瀬アリスは「DKDK」

イベントの感想を聞かれた2人は…

広瀬:
“DKDK”でした。

DAIGO:
DKDK?

広瀬:
“ドキドキ”でした。

DAIGO:
あー、いいね。シンプルで。

DAIGO:
まさに「M:I」でしたね。

司会:
「M:I」?

DAIGO:
はい、めちゃくちゃいい感じ。

(「めざましテレビ」8月3日放送より)