生後2カ月息子を冷凍庫に…父親を逮捕

写真に収まるピースサインの男。
生後2カ月の次男を冷凍庫に閉じ込めた暴行の疑いで逮捕された西岡竜司容疑者(42)だ。

この記事の画像(7枚)

11日検察に身柄を送られた西岡容疑者は、2021年4月、家族で宿泊していた福岡市内のホテルで、生後2カ月の次男を冷凍庫に閉じ込めたほか、自宅でおもちゃのヘリコプターを次男にぶつけるなどした疑いが持たれていいる。

その行為そのものかどうかは分かっていないが、西岡容疑者のFacebookにはベビーカーに寝そべる子どもの頭上をおもちゃのヘリコプターが旋回している写真が載せられていた。

左足や肋骨など骨折…医師が児相に連絡

西岡容疑者と次男の間に何があったのだろうか?
事件が発覚したのは2021年8月のことだった。西岡容疑者と妻は次男の左足が腫れていると大阪市内の病院を受診した。

この時、診察した医師が左足や肋骨などの骨折を確認。親による虐待を疑った医師は児童相談所に連絡した。

その後、児童相談所からの通報を受けた警察が西岡容疑者のパソコンなどを調べた結果、次男を冷凍庫に入れた写真が見つかったという。

その他にも西岡容疑者がおもちゃのヘリコプターを次男の顔の付近で旋回させている動画、さらに自宅のテーブルの上に次男をうつぶせにしたまま約4分間放置した動画などもあったという。

「子供がかわいく意地悪をしたいと」

調べに対し西岡容疑者は次のように供述し容疑を否認している。

「暴行のつもりはなかった。子どもがかわいいという気持ちで意地悪をしたいと思った」

警察は次男が骨折した経緯についても詳しく調べる方針だ。

(イット!1月11日放送分より)