新たな新型コロナウイルスの変異ウイルスを発見したといニュースが話題となっている。

その名前が「デルタクロン株」。

アメリカのブルームバーグ通信が報じているが、文字通り、デルタ株とオミクロン株、両方の特徴をあわせ持つ新たなウイルスだという。

デルタ株の特徴は重症化リスクが高いこと、オミクロン株の特徴は感染力の強さが指摘されている。

デルタクロン株が、重症化リスクも高くて感染力も強いというものになっているのかと心配になる。

このデルタクロン株が発見された場所は、地中海に浮かぶ島国キプロスの大学。

キプロスも今、感染拡大している国だが、その大学の教授によると、これまでにデルタクロン株の感染確認が25例あったという。

そして軽症者よりも、入院が必要な重症者から多く見つかったという。

確かに重症化リスクというところにあてはまる。

ただ、このデルタクロン株について、ヨーロッパの専門家からは今、「待った」の声も上がっている。

このデルタクロン株、「実験室でデルタ株、オミクロン株、それぞれがうっかり混ざってしまったのではないか」という指摘がある。

一方で、キプロスの研究チームは、技術的なミスという指摘には否定をしている。

加藤綾子キャスター「ただ、現段階では先ほどのキプロスの研究室だけが発表しているものだと、とらえたほうがいいですね」

榎並大二郎キャスター「ぜひ技術的ミスであってほしいなと思うわけですが」

加藤綾子キャスター「こういうのが発表されると、どうとらえたらいいのか心配になりますよね」

このデルタクロン株について、昭和大学医学部の二木芳人先生にも話を聞いた。

二木先生は、「デルタクロン株のような変異ウイルスが出ても不思議ではない」と話していた。

ただ、そのうえで、重要なポイントが2つあるという。

1つが感染した人が、どういう症状を出すのかという点。

そして2つ目は、オミクロン株を上回るような感染力があるのか見極めることが大事だという。

デルタクロン株に置き換わるかどうかについては、二木先生は「今のところ考えにくい」との指摘もしている。

さらに今後、オミクロン株が変異を繰り返すことにも監視が必要だという。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ/ワクチン】特設ページ