「かもめ」の車両が、海を渡ってやってきました!

2022年秋開業予定の西九州新幹線の車両が長崎に陸揚げされ、9日、記念のセレモニーが開かれました。

東彼・川棚町の川棚港に陸揚げされた西九州新幹線「かもめ」です。

1月6日、山口県を出発し、海を渡って長崎にやってきました。

9日は、関係者など約150人が集まり、記念のセレモニーが開かれました。

中村 知事 「新幹線の開業は交流人口の拡大にとどまらず、地域の活性化、産業の振興にも大きなチャンスになる」

JR九州 青柳 俊彦 社長 「佐賀、長崎両県の発展の礎になるよう、最大限協力させてもらいたいし、一緒になって成功を勝ち取りたい」

かもめの車両は、今後、大村市の車両基地に陸路で移送され、試乗会や乗務員の養成などを経て、西九州新幹線が2022年秋に開業します。