厳しい寒さが続きますが、気をつけたいのが「ヒートショック」。

 寒暖差による血圧の変化で命を落とすことも。特に高齢者が危険です。

 あなたの両親をヒートショックから守るために必要なこととは?

 寒さが厳しい時期に多発するのがヒートショック。


 消費者庁によると2020年は年間約5000人が犠牲となり、その9割以上が65歳以上の高齢者です。

 発生件数は1月にピークを迎えます。その原因は?

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「血圧の変動が起こりやすくなる。寒さで血圧が急激に上がる。暖かくなると急激に下がる」


 寒暖差による血圧の乱高下です。ヒートショックが特に発生しやすいのは入浴する時。

 暖かい部屋から寒い脱衣所に行くと血管が収縮し、血圧は急上昇します。

 これにより心筋梗塞や脳梗塞などを発症してしまうのです。

 脱衣所をクリアしても、まだ安心できません。

 熱い風呂に入ると今度は血管が広がり血圧が急低下。脳への血流が不足すると…。

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「浴室内で失神してしまって、溺れてしまう」

 北海道内の浴槽内での溺死事故は、2020年は年間187件。

 高齢化の進行とともに、大幅に増加しています。

 札幌市民(30代):「両親が70歳近くなので心配ではある。ちょうど連絡するので、気を付けるよう伝えてみようと思う」

 神奈川県から帰省(30代):「父と母は60歳を超えているが、風呂を特に気にしたことはなかった」

 神奈川県から帰省(30代):「誰か一緒にいないと防げないので、こまめに連絡を取る」

 札幌市民(20代):「祖母が65歳以上。高齢者は寒さや暖かさに、あまり気がつかないことが多い。誰も防ぎようがないので怖い」

 注意が必要なのは入浴時だけではありません。

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「寝ていると布団で温まる。布団から出てトイレに行くと、寒い環境にさらされヒートショックを起こしやすい」

 では、どうすればヒートショックを防ぐことができるのでしょうか?

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「脱衣場に小さな暖房設備を用意する。熱い風呂に入ると血圧が下がりやすくなるので、ぬるめの風呂に入る。全身入らないで半身浴が良い。トイレでは寝間着の上にガウンなどを羽織って、暖かい格好をする」

 高齢の両親や祖父母などに注意喚起し、予防策を徹底しましょう。

 特に危険な高齢者の入浴の際、同居の場合は家族が見守るなどの対策が取れますが、離れて暮らしている場合にはどうしたらいいのでしょうか?

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「独居の人は風呂に入るときは電話で連絡を先に入れておく。安全を保つことが大切」

 入浴の前後に連絡を取るなどして安全を確認。

 体調の変化などがあったら、迅速に対処しましょう。

 誰にでも危険性がありますが、特にヒートショックに気を付けなければならないのはどのような人なのか。チェックシートがあります。

・65歳以上
・基礎疾患がある(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)
・メタボや肥満
・浴室や脱衣所に暖房がない
・熱い風呂(42度以上)が好き
・一番風呂が多い
・長湯(30分以上)が多い
・飲酒後の入浴が多い

 この中で4つ以上当てはまる場合は「要注意」です。こまめに声をかけあって、ヒートショックを防ぎましょう。

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1036