「大阪モデル」警戒引き上げ 通天閣が「黄色」に 新型コロナ

大阪府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「大阪モデル」を8日から、警戒を示す「黄色信号」に引き上げた。

午後6時ごろ、大阪の通天閣が黄色にライトアップされた。

新型コロナの急速な感染拡大を受け、大阪府では8日から、独自基準「大阪モデル」を警戒を示す黄色信号に引き上げた。

大阪府では8日、新たに891人の感染と、1人の死亡が確認された。

1日の感染者が800人を超えるのは、およそ4カ月ぶりで、先週の土曜日(1日)からおよそ12倍に増加している。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ/ワクチン】特設ページ

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 373
大阪府のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×