全治10日の被害男性「えぐられた感じの痛さ」

エアガンを発射し元従業員にケガをさせた疑いで、老人ホームの社長・山本明彦容疑者(35)が逮捕された。

この記事の画像(5枚)

2021年9月、自身が経営する三重県伊勢市の老人ホーム「うらら」で、当時従業員として働いていた男性(31)に向けてエアガンを数発を撃ち、けがをさせた傷害の疑いが持たれている山本容疑者。

腹部を撃たれた被害男性は全治10日で、男性が撮影した写真には赤く腫れ上がった傷あとが残されていた。

1月7日、被害男性自身がFNNの取材に応じ、当時の状況を語った。


被害男性:
「そこに立って背中をこっち向けろ」みたいな感じで「的になれ」と言われて…断れなくて撃たれたという感じですね。僕が仕事でミスをしたり、そういうことで山本容疑者がイライラして撃ってくるという感じですかね。
これは相当痛かったです。ハチに刺されたような痛さっていうんですかね、えぐられた感じの痛さだったので。

調べに対し山本容疑者は容疑を否認。「怒って男性を投げたことは覚えているが、エアガンを撃ったことは思い出せない」と話しているという。

警察はエアガンを撃つなどした経緯を調べている。

(「イット!」1月7日放送分より)