新型コロナのオミクロン株の感染拡大により、 東京都でも新規感染者数が急増している。 

6日開かれた東京都のモニタリング会議では、 感染者数が1日当たり44人から135人に増加。

7日間平均の増加比が、308%になったとの分析結果が示された。

また、感染者の中で、オミクロン株が疑われる割合が 12月末は9.1%だったのに対して年末年始には44.6%で大きく増えているという。

そんな中、東京都が、飲食店での人数制限を現在の1グループ8人から4人に見直すよう調整を進めていることが分かった。
 
ただ、これまでと同じく、ワクチン接種証明や陰性証明を 持っている場合は、人数に含まない見通し。

小池知事が、7日の定例会見で、新たな対策などについて説明するものとみられる。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

関連記事:【独自】東京都 飲食店の人数制限8人から4人に見直しへ