コロナ拡大の在日米軍 ”ずさん”対策目の当たりにしてきた従業員の訴え

沖縄テレビ
沖縄テレビ
地域

国内各地のアメリカ軍基地で新型コロナの感染が拡大していることを受け、在日アメリカ軍司令部は基地内の警戒レベルを引き上げ、兵士に基地の外でのマスク着用などを義務付けたと発表しました。

一方、これまでのずさんな対策を目の当たりにしてきた基地で働く従業員は不安を払拭できずにいます。

在日アメリカ軍司令部は6日、基地内の警戒レベル「健康保護態勢」を上から3番目のブラボーへと引き上げました。

この中では軍用機などで日本国内に移動してきた兵士にPCR検査を義務付けたほか、陰性が確認されるまでの間、基地内でマスク着用すること、さらに基地の外でもマスクの着用を義務化しています。

在日アメリカ軍を巡っては、去年9月以降、本国を出国する際に検査が免除されていたことが明らかになり、5日には岩国基地で約180人が感染するクラスターが発生するなど沖縄のみならず国内の施設で新型コロナの感染が拡大しています。

▽全駐労・與那覇栄蔵委員長
「在沖米軍基地で感染が拡大して、さらには基地従業員も外に居住していますから市中感染に繋がった。残念ながら米軍のコロナ対策の失敗だなと強く思っています」

基地従業員でつくる労働組合「全駐労」の與那覇委員長はアメリカ兵が基地の中でマスクを着けずに行動していた事を問題視し、去年の11月の時点で防衛省を通して感染対策を徹底するよう求めていましたが聞き入れてもらえなかったと言います。

▽全駐労・與那覇栄蔵委員長
「職場の皆さんから『マスクを着用せずに米軍人軍属の対応をするのは不安がある』と。在日米軍に働きかけをさせていただいたんですが、迅速に対応してもらえなかった」

結果として、キャンプハンセンで大規模なクラスターが発生し、基地で働く従業員を介して変異ウイルスのオミクロン株が市中に漏れ出る事態を招きました。

日米地位協定でアメリカ軍は入国手続きに際し日本の法令が適用されないと明記されていて、検疫が事実上免除されています。

▽全駐労・與那覇栄蔵委員長
「米軍に検疫が及ばないということは去年2020年の感染の時期に既に発覚していた。ところが日本政府は(対応を)おろそかにした。ワクチンを接種してるんだということを過信した対策が取られていると思っています。米軍・米国のコロナ対策と日本のコロナ対策これは温度差が非常に強くあるなと思っています」

沖縄に駐留するアメリカ軍は6日、新たに162人の感染を沖縄県に報告していて、先月15日以降の感染者の累計は1160人に上っています。

基地内での感染拡大に歯止めがかからず基地従業員が偏見に晒されないかという懸念もあります。

▽全駐労・與那覇栄蔵委員長
「前回(去年)の感染拡大の時に基地従業員は診療を控えてくださいとか、保育園とか学童、通学、出勤させないでくれとか、そういった声も届いていました」

基地従業員が抱える不安や懸念を払拭し共に働く仲間の命を守るため、全駐労では日本政府に毅然とした対応を強く求めています。

▽全駐労・與那覇栄蔵委員長
「憲法で日本人の権利や命は保障されているはずですから。地位協定があるから日本の憲法がないがしろでいいという話にはならないと思います。国は国民に対して、国民の命に対して健康に対して責任があります。その責任を国は果たすべきです」

沖縄県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

沖縄テレビの他の記事

コロナ拡大受けた在日アメリカ軍の行動制限 31日で終了

コロナ拡大受けた在日アメリカ軍の行動制限 31日で終了

地域
沖縄県副知事の後任人事固める 辺野古めぐる訴訟を見据え

沖縄県副知事の後任人事固める 辺野古めぐる訴訟を見据え

地域
第6波「高齢者をいかに守るかが焦点」

第6波「高齢者をいかに守るかが焦点」

地域
「静かな夜を」40年面の裁判闘争

「静かな夜を」40年面の裁判闘争

地域
【続報】救急隊員に「警察官に棒のようなもので殴られた」と話す…

【続報】救急隊員に「警察官に棒のようなもので殴られた」と話す…

地域
【続報】「視力が戻ることはないと言われた」右目大けがした高校…

【続報】「視力が戻ることはないと言われた」右目大けがした高校…

地域
一覧ページへ
×