プレスリリース配信元:株式会社スタジアム

新型コロナウイルスへの感染拡大対策をきっかけに、採用シーンで面接のオンラインシフトが急拡大

Web面接・録画面接システム導入社数1,100社突破の「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアム(東京都港区、代表取締役:太田 靖宏、以下「当社」)は、インタビューメーカーを使ったオンライン面接の実行件数が、2020年1月末時点と比較して、2020年3月末時点で「15倍」に達したことを報告します。


[サマリー]


2020年1月末迄と比較し、僅か2ヶ月で、オンライン面接の実行数は15倍(1,480%)に急増
1日当たりでも数千件規模で面接がオンラインで実施される規模感へ
ピーク時は、日当たりで2020年1月末迄と比較して30倍の面接実行を記録
新型コロナウイルスの感染拡大対策で導入されたことをきっかけに、オンライン面接が広く一般的に利用される状況になりつつある


[2020年1月末時点の週当たりオンライン面接数=1とした場合の、週平均の実行状況]

1月末時点との比較
 新型コロナウイルスの感染拡大対策として、多くの企業が面接や選考活動をオンラインに切り替えを進めていることがわかりました。僅か二カ月での急激な利用件数の増加は、各社の選考が急速にオンラインシフトしていることを示しています。

 当社では、2020年1月28日より「インタビューメーカー」のWeb面接機能の無償提供を開始し、2020年2月20日にグループ面接機能を無償提供範囲に追加しています。その後、2020年3月30日(月)から、会社説明会機能も無償提供対象といたしました。これにより、企業の採用・選考活動は、募集開始から面接終了までの全工程がオンラインで完結できるようになりました。

 これらの取り組みによって、1社でも多くの企業の選考活動の継続と、求職者と従業員の皆さまの健康確保を引き続き支援すると共に、面接とテクノロジーの融合を進め、対面型の面接とは異なる新たな価値や気づきを面接参加者に提供してまいります。

◆スタジアム会社概要
スタジアムは、「面接×テクノロジー」のオンライン面接システム「インタビューメーカー」によって、面接とテクノロジーの融合を進め、従来では得られなかった価値や気づきを面接参加者に提供し、その利便性も大幅に高めていきます。対面面接をオンラインへ切り替えることにとどまらず、面接官向けのクラウド研修サービス「imトレーナー」や、面接特化型AI文字起こしサービス「imアシスタント」なども提供し、選考プロセス全体にテクノロジーの適用範囲を広げることで、さらなる大きな変革を目指します。「インタビューメーカー」は、国内導入社数1,100社を突破し、2020年度2月に日本マーケティングリサーチ機構による調査で、Web面接ツールで顧客満足度No.1を5部門で獲得しています。

代表者:代表取締役 兼 CEO 太田 靖宏
本社所在地:東京都港区赤坂3-4-3 赤坂マカベビル6F
設立:2012年8月
https://stadium.co.jp/ (コーポレートサイト)
https://interview-maker.jp/topics/pray-for-wuhan.html (サービスサイト)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ