“西の秋葉原”と呼ばれる、大阪・日本橋のトレーディングカード専門店。そこで発生した、高額トレーディングカード窃盗の瞬間をカメラが捉えた。

この記事の画像(11枚)

2021年12月29日、大阪・日本橋のトレーディングカード専門店に現れた男。カードがずらりと並んだ店内で物色を始め、他の客の対応で店員がいなくなったレジの前で足を止めた。

男が見ていたのは、レジに置かれたプレミア付きの2枚のカードだった。

キョロキョロと周囲を見渡しながら、レジに近づいてくる男。

すると次の瞬間…。素早く上着のポケットにカードを入れたのだ。

犯行後には店員に声をかける姿も

さらにカードを盗んだ後、驚きの行動に。男はショーケースに入った別の高額カードを「手に取って見せてほしい」と店員に声をかけた。

コレクターなのか、男はカードを触る際、手についた汗を入念にズボンで拭う姿もあった。

その後、男は別のカードを2万4800円で購入。ポケットに入ったカードの代金を支払うことなく店を後にしていった。

盗まれたカードは1枚、約1万3000円で販売していて、被害額は2万6000円ほどだ。

被害に遭った店は男に対し、「魔が差したのであれば反省してカードを返してほしい」と話しているが、返却されない場合は警察に届け出ることも検討している。

(「イット!」1月6日放送より)