なぜ高潮は起こりやすい?

今回の台風は、高潮への警戒も大変重要と言われている。
なぜ高潮が起こりやすくなっているのか、フォーカスする。

まず、こちらが各地の満潮時刻だ。
9日の午前0時半から2時頃、ちょうど台風の接近と重なる。

「吸い上げ効果」

台風が接近すると高潮が発生しやすくなる原因の1つ目は、気圧が急激に下がることによって海面が盛り上がる現象、「吸い上げ効果」によるものだ。

気圧が1ヘクトパスカル下がると海面が1センチ上昇すると言われていて、台風が今の気圧のままで25センチ以上上がる計算だ。

「吹き寄せ効果」

2つ目は、沖からの強い風によって海水が沿岸に集まって高潮が発生する吹き寄せ効果」だ。
さらに今回は、海水温が高く1年で最も潮位が高い時期にあたるため、高潮の影響が一層高まる恐れがある。

伊勢湾台風では死者・不明者5000人超

この高潮によって大きな被害が出た1959年の伊勢湾台風では、最高潮位が3.8メートルまで上がり、明治以降最多の5098人もの死者・行方不明者が出た。

海岸近くの人は早めの対策を

今回の台風では、特に千葉県や茨城県などで高潮の影響が出る恐れがあるため、海岸の近くにお住まいの方は昼間の明るいうちに高台へ避難するなど早めの対策が必要だ。

また、海だけではなく、川の河口付近でも水面が高くなる可能性があるので警戒してほしい。

(「プライムニュース」8月8日放送)