最愛の妻追うように津川雅彦(78)さん死去

最愛の妻・朝丘雪路さんが亡くなってから3カ月余り…夫で俳優の津川雅彦さんが8月4日、心不全のため亡くなった。78歳だった

2014年に行ったインタビューでは…

津川雅彦
俳優って仕事は運がよくなければ続けられませんね。ですから運がよくなるためには、そうすればいいか、それは神様にお願いをすることだし、神様に認めてもらう為には、人より一層の努力をすると、ぼくはずいぶん怠け者でしたからね。ですからやっぱり努力をしなければいけないという風に教えてくれた先輩・伊丹十三さんはじめ、皆さんが努力をし、苦労をし、芸を磨かなきゃいけないと

5歳で映画デビューを果たす

5歳で映画デビューを果たし、その後も子役として多くの映画に出演した津川さん。

1956年、高校入学後まもなく、日活から映画の出演依頼を受け、16歳だった津川さんは俳優としての第一歩を踏み出した。

映画「狂った果実」で石原裕次郎さん演じる主人公の弟役に抜擢されたことをきっかけに“二枚目俳優”としてブレイク。

1981年の映画「マノン」で「ブルーリボン賞 最優秀助演男優賞」を受賞した。

1987年には伊丹十三監督の大ヒット映画「マルサの女」に出演。津川さんと「マルサの女」などで共演した伊丹監督の妻・女優の宮本信子さんは訃報を受け…

宮本信子
ショックです。体調が良くなったら二人でご飯でも食べて、たくさん思い出話をしましょうとメールをしておりました。マサヒコちゃん、ノブちゃんと呼び合っていて、一番多く共演しているかと思います。息もピッタリ合っていて芝居をするのが本当に楽しかった。名コンビだったと思います。マサヒコちゃん、あちらの世界で監督と一緒に待っていて下さい。私もいつか参ります。また共演するのを楽しみにしています

一方、2006年には映画「寝ずの番」の映画監督を「マキノ雅彦」という名前で初めて務めた。この年、津川さんは66歳で芸術などの分野の功労者に贈られる紫綬褒章を受章。受賞インタビューでは…

津川雅彦:
それなりに脇役にスポット当ててもらえて、国にも粋な人がいるなとか、そういう感じでうれしいですね

2014年には、国家に対して高い功績を上げた人に贈られる旭日小綬章を受賞した。

朝丘雪路さんと「おしどり夫婦」として知られ…

プライベートでは、1973年に4歳年上の女優・朝丘雪路さんと結婚。

結婚の翌年、娘の真由子さんが誕生。お宮参りの際には…

津川雅彦:
親バカじゃないけど、末はクレオパトラか楊貴妃か

とかわいがっていた。

ところが、生後5カ月になる真由子さんが誘拐されるという事件が発生。幸いにも翌日、犯人の男は逮捕され、真由子さんは無事戻ってきた。

津川雅彦:
ご心配おかけしてありがとうございました。皆さんのご協力のおかげで真由子は助かりました、ありがとうございました。

辛い経験を乗り越え、「おしどり夫婦」として知られるようになった津川さん・朝丘さん夫婦。

実業家としての顔も持つ津川さんは、玩具・絵本などを販売する「グランパパ」を設立。一時は全国展開するほどの成長を見せたが、2009年、6億円とも言われる多額の負債を抱え、朝丘さんが所有していた世田谷の一軒家を売却した。

負債のため一時別居も朝丘さんの介護のため再び同居

このことがきっかけになり、別居することになったが、2013年頃から朝丘さんがアルツハイマー型認知症を患い、再び同居。津川さんは献身的な介護を続け、今年4月朝丘さんの最期を看取った。その際の会見では…

ーー悔いのない結婚生活でしたか?

津川雅彦
悔いはいっぱいありますね

ーー例えば?

津川雅彦
思い出せないくらいいっぱいあるな

ーー朝丘雪路さんていうのはどんな人でしたか?

津川雅彦
どんな人…一口で言えないね

ーーじゃあ朝丘さんで良かったですか?奥様は

津川雅彦
良かったですね

面倒見の良さから俳優仲間などからも慕われ…

訃報を受け、数々のテレビドラマで共演した黒柳徹子さんは「雅彦ちゃんほど、面倒見のいい人はいません。たくさんの若手俳優さんに、惜しみなくご飯をごちそうして、また皆に仕事のチャンスが来るように考え、いろいろと教えてあげていました」「私は17歳ぐらいから知っていましたが、その歳、その歳でいい俳優でした、でもこれからが一番おもしろい津川雅彦さんが見られるはずだったのに。私の最も尊敬し、大好きだった俳優さんでした」とコメントを寄せた。

津川さんとドラマ「サラリーマン金太郎」で共演した高橋克典さんは自身のブログに「まぎれもない僕の俳優人生の恩人です。『克典、芝居は芝居なんだよ、本当じゃないんだ』『克典、セリフはどんなことをしてても、そのセリフを言えるようになるまで入れなきゃダメだ』『克典、俳優は芝居バカじゃダメだ。現実を知らないと。文化に尊敬を持たないと』大事なことを沢山教えていただきました」

また、津川さんと親交の深かったシンガーソングライターの泉谷しげるさんは「あの時代を生きた映画放蕩遊び人は『宵越しの金を持たない』とばかり散財して来てるが『役者ごときエラソーになったらオシマイだぁな』が口グセだった津川センパイ、やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてたっけ。今どきは78はまだ若いと思うンだけどなセンパイ もう“遊び”に誘われなくなるのが寂しい限り、心よりの哀悼を」

(プライムニュース イブニング8月8日放送より)