タクシーに挟まったと訴える、悪質な“挟まれ屋”。その正体を独自取材した。

福岡市で多発する“挟まれ屋”

福岡市内では、タクシーの客が運転手に対し「ドアに靴が挟まった」と迫り、靴の修理代を要求する詐欺が相次いでいる。

FNNが新たに入手した映像には、その一部始終が残されていた。

この記事の画像(21枚)

男が路上でタクシーを呼び止め乗り込むと……。

タクシーの運転手:
ドア閉めても大丈夫ですか?

挟まれ屋”の男:
おっちゃん、足挟まってる、レバーに…

挟まれ屋”の男:
開けんな!痛い痛い痛い、足挟まっている…

タクシーの運転手:
すみません

挟まれ屋”の男:
ちょっと待って…

通称“挟まれ屋”と呼ばれる男の手口だ。この後、運転手がある言葉を口にすると、挟まれ屋の男の態度は一変した。

タクシーの運転手:
ちょっと警察

挟まれ屋”の男:
気い悪いからええわ

タクシーの運転手:
すみません。どうも失礼しました

挟まれ屋”の男:
ドア開けます、閉めますくらいちゃんと言って…

男は、タクシーを降り立ち去った。挟まれ屋の男について運転手は……。

タクシーの運転手:
絶対まともなやつじゃないな

「ドア挟まってんねん」靴の修理代を要求

2021年秋ごろから福岡市内に現れ始めたという“挟まれ屋”。同様の被害はこれまでにもあった。

挟まれ屋”の男:
おっさん、ドア挟まってんねん

タクシーの運転手:
えっ

挟まれ屋”の男:
靴も傷入ってるし、ほんま

タクシーに乗り込んだ男は、「靴がドアに挟まり傷がついた」と訴える。

そして、この3週間後にも…

挟まれ屋”の男:
ほら見てみ、ほらここ…なっ?

タクシーの運転手:
すみません

男は、痛みを訴えるとともに、傷がついた靴の修理代を要求し始める。

挟まれ屋”の男:
修理かなんかしてよ

タクシーの運転手:
5000円じゃだめですか?

挟まれ屋の男性:
5000円で直るわけないじゃん。定価10万円くらいすんねんから…

タクシーの運転手:
10万円するんですか?

この後、タクシーの運転手は男に1万円を手渡してしまった

被害者が実家に押しかけてくることも…

こうした行為を繰り返す、“挟まれ屋”の男についてよく知る人物はこう話す。

“挟まれ屋”を知る人物:
あの男は関西出身の20代で名前はAという。全国各地に出没しては、いろんな詐欺行為を繰り返している

FNNはこの“挟まれ屋”の父親を取材した。

――“挟まれ屋”の息子について

“挟まれ屋”の父親:
いいやつはいいやつですけど、だめといえばだめです

時には、息子の被害に遭ったという人が実家に押しかけてくることもあったいう。

“挟まれ屋”の父親:
私らもどうすることもできへんし、(私に)罵声を浴びせて帰る人もいる、いろいろですわ

――改心してほしい?

“挟まれ屋”の父親:
どないかしてでも更生できればいいんですけど、でも、できないでしょうね

FNNの取材では、男によるとみられる現金の要求は、未遂を含めて7件にのぼっている。

警察に通報または人の多い場所へ逃げる

加藤綾子キャスター:
こういう手口の犯行がたびたび起きますよね。車の場合は、その時の様子を証明できるのでドライブレコーダーも大事だなと思いますが、今回のタクシーの件だけではなくて、街でぶつかったときなど、もし何か言いがかりをつけられたり不当にお金を要求されたときは、どう対処したらいいんですか?

住田裕子弁護士:
さっきのタクシーは、当然詐欺罪ですし、脅してお金を取ろうとしたら恐喝罪なんです。だから、街でそういうことがあったときは、すかさず「警察に行きましょう」「防犯カメラがいっぱいありますから、それでチェックしましょう」と強く言いましょう。それでも強い勢いで来たとき、危険を感じたらもう逃げましょう。そして、逃げる場所は「人の多いところ」、コンビニなどに駆け込んで「助けてください」って言えばいいんです。不当な要求には負けないで逃げてください

加藤綾子キャスター:
すぐにお金を払ったりするとかではなくて?

住田裕子弁護士:
それをやると、彼らはまたやりますから

加藤綾子キャスター:
警察に行く、もしくは人が多い場所、コンビニなどに行くってことですね


(「イット!」1月5日放送より)