働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

「ウイルスに打ち勝つ新発想」。
未来の客になることで、困ったお店を応援できる。

瀬戸内海の新鮮な魚介を使用した地中海料理店「Setouchi Kitchen」。

ここでも、新型コロナウイルスの影響で来店客が激減していた。

「Setouchi Kitchen」広田健執行役員「お客様に来てもらえる時期だったので、店の売り上げがなくなったのは正直しんどい」

そんな、困窮している飲食業界を救う、新たなプロジェクトとは。

キッチハイク・山本雅也共同代表「一言で言うと“未来のお客さん”になろうと」

2013年創業のベンチャー企業「キッチハイク」。

食の趣味が合う人同士で集まり、一緒に食事をするなどのイベントを運営している。

キッチハイク・山本雅也共同代表「今回のコロナウイルスの影響で、飲食店のお客さんが減っているという話を伺った。目の前の資金繰りが難しくなってきている。ここをどうにかして、キッチハイクがサポートできないかと」

そこで開始したのが、「#勝手に応援 プロジェクト」。

チケットを買うことで、自分が好きなお店、行きたいお店を応援することができる。

仕組みは、利用者がキッチハイクのアプリ上で応援したい店を選択し、1枚3,000円のチケットを購入。

支払われた代金は、キッチハイクを通じて、先に飲食店に支払われる。

購入したチケットは8月末まで利用できるため、飲食店の未来の客になれる。

来店客が激減してしまったという「Setouchi Kitchen」では、このチケットを22人が購入した。

「Setouchi Kitchen」広田健執行役員「素直に助かるというのが感想。店の売り上げが苦しい中で、少しでも今の売り上げが立てられればいいなと」

この応援プロジェクトに参加した、神奈川県に住む清水悠紀さん。

以前、キッチハイクのイベントで利用した中華料理店のチケットを購入した。

前払いチケットを購入した清水悠紀さん「店に行った時に、すごくおいしい店で、また使いたいなと思っていた。また行きたいと思っている店が苦しんでいるんだったら、どちらにしろ使うんだったら、チケットを買って応援しようと思って」

3月1日から始めたこのプロジェクトのチケット購入総額は、200万円を突破。

また、新たに、1カ月以上先の来店にのみ使え、10%から30%割引でチケットが購入できる早割予約も開始した。

キッチハイク・山本雅也共同代表「まず目の前の収入が増える。これは飲食店にとっては大変大事なこと。プラスして、友達と一緒に来てくれるだとか、これをきっかけに久々に行ってみようと思ってくれるとか、来店のきっかけを増やしていることが、すごくありがたいと言ってもらっている。食の現場を作る飲食店が、もっと安心して店を開けたり、お客さんとのつながりがもっと強くなるようなところをキッチハイクがサポートしていけたら」