4日朝早く、東京都の小笠原村で震度5強を観測する地震があった。

気象庁は、今後1週間程度は、最大震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけている。

4日午前6時8分ごろ、小笠原諸島の父島近海を震源とする、深さ77km、マグニチュード6.1の地震があり、小笠原村で震度5強を観測した。

母島の民宿「メグロ」の織田道子さん「最初ドーンときて、横揺れがして、棚のものが落ちてくると思って押さえた」

気象庁は、太平洋プレート内部で起きた地震で、震源がやや深かったため、父島と母島など、やや広範囲で揺れたとしている。

気象庁・束田進也 地震津波監視課長「揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどの危険性が高まっているので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意してください」

小笠原村で震度5強の地震を観測したのは、2015年5月以来で、気象庁は、揺れの強かった地域では、今後1週間程度は、最大震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけている。