在日アメリカ軍は6日、関東地方の基地などを対象に、公衆衛生上の緊急事態を宣言したと発表した。

東京で感染が拡大していることを受けた措置で、アメリカ軍の横須賀基地やキャンプ座間のほか、関係施設で働く軍人や軍属らの健康を守るためだとしている。

この緊急事態宣言は5月5日まで続き、延長も可能という。