目の前に迫る茶色い壁。

中国北西部の甘粛省張掖市で25日に発生した巨大な砂嵐。

高さは、およそ100メートル。

手前のビルと比べると、その大きさがよくわかる。

砂嵐は、秒速17メートルのスピードで迫り、街は、わずか5分足らずで、砂とほこりで覆い尽くされた。

砂嵐の影響で、高速道路の視界は100メートル以下になり、地元警察は、速度を落として走行するよう、注意を呼びかけた。