「話題.com」。

SNSでは、「もう10歳にびっくり」、「最優秀主演男優賞、すごい!」、「まさに快挙!」といった声が聞かれました。
寺田心くんの喜び会見です。

子役として活躍する寺田心くんが、最年少で最優秀主演男優賞を受賞した。

12月12日、会場を埋め尽くすカメラを前に、栄光のトロフィーを見せてくれた人気子役の寺田心君(10)。

イタリアで開催されたミラノ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞したことを受け、記者会見を行った。

寺田心くんは「外国で映画が上映されることだけしか聞いていなかったので驚きました」と話していた。

2018年で5回目を迎えたミラノ国際映画祭で、心くんが受賞した作品は、映画「ばあばは、だいじょうぶ」。
大好きだったおばあちゃんが認知症になり、小学生の孫の視点で描かれたこの作品は、ベストセラーの絵本が原作で実写化されたもの。

寺田心くんは「母は一緒に映画祭に行ったんですけど、発表されてから、ずっと泣いていました。おばあちゃんにもお知らせしたら『あ?本当、良かったね、感謝の気持ちだね』って言って泣いてたり…」と、受賞が決まった時のことを振り返っていた。

現地の授賞式でトロフィーを受け取った心くん。
トロフィーが少?し大きいような気もするが、7年前から芸能活動を始めた心くんも、はや10歳、小学4年生になったが、今回の快挙を家族とどんなお祝いがしたいか聞かれ...。

寺田心くん「愛知に帰ったらおばあちゃんと、いっぱいご飯を食べられるところに行きたいなって思っています」
記者「何か欲しいものはありますか?」
寺田心くん「『牛肉パズル』っていう、お肉の胃の中をはめていくパズル。そういうのが欲しいです」