土屋太鳳&芳根京子が試写会で…

来月公開の映画「累 -かさね-」の完成披露試写会が22日、都内で行われ、土屋太鳳(23)さん、芳根京子(21)さん、横山裕(37)さん、檀れい(47)さん、浅野忠信(44)さんらが登場した。

映画「累 -かさね-」完成披露試写会(8月22日 東京・千代田区)
この記事の画像(10枚)

この作品は、土屋さんが演じる、美貌に恵まれながらも芽が出ない女優・ニナと、芳根さん演じる、容貌は醜いが天才的な演技力を持つ累が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅の力を使って、お互いの欲望を満たしていくというストーリーだ。

(C)2018映画「累」製作委員会
(C)2018映画「累」製作委員会

誰の顔になってみたい?

もしこの口紅が本当にあったら誰の顔になってみたいか、出演者の皆さんに聞いてみた。

 
 

土屋太鳳:
田中裕子さんです。
朝ドラで1年間ご一緒させていただいて、本当に目の奥が深いというか、裕子さんの目で景色を見たらどう感じるんだろうなというのをすごく思って…。

 

芳根京子:
私はドラマで共演させてもらっているんですけど、石原さとみさん
やはり近くで見ても、お美しくて、すごくかわいらしい方なので。

 

横山裕:
僕も今共演中の沢村(一樹)さんですかね
「絶対零度」(ドラマ)でお世話になっているんですけども。
あんな男前の顔なのに、サラッと下ネタ言うんですよ。それが上品なんですよ。
沢村さんもその辺ポリシーがあって「僕は下品な下ネタ」は言わないと。下ネタに上品も下品もあるのかって思うんですけど。

 

浅野忠信:
俺聞いても意味ないんじゃない、これ。
俺の場合、(口紅)つけたら飼ってる犬がなめちゃうから、それで犬になっちゃうと思う

永尾亜子アナウンサー(フジテレビ):
顔だけ犬になるってことですよね。ちょっと怖いですけど…。

 

映画「累 -かさね-」は9月7日(金)から全国東宝系で公開予定。

(「めざましテレビ」8月23日放送より)