米久は、来年3月1日納品分から家庭用のハムやソーセージ16品目、焼豚やハンバーグなどの調理加工食品22品目を3%から12%値上げすると発表した。

ハムやソーセージの値上げは2014年8月以来、約7年半ぶり。

原材料価格の高騰に加え、燃料価格の上昇でエネルギーコストが増えたことや物流費などが上がったためとしている。

ハムやソーセージをめぐっては日本ハムが来年2月から、伊藤ハムが来年3月からの値上げを発表している。

この記事の画像(5枚)