復興への願いが込められた、やわらかな光がまちを彩ります。

倉敷市真備町のマービーふれあいセンター前で、10日から始まった「まび復興竹あかり」です。

特産のタケ300本が使われた灯ろうが並んでいます。

中でも目を引くのが、タケを組み合わせたこちらのツリー。倉敷市の真備支所が浸水した高さと同じ4.5メートルで、西日本豪雨の記憶をつなごうという思いで作られました。

まび復興竹あかりは、1月9日まで、毎日午後5時から9時まで点灯されます。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1102