2018年に廃線…JR三江線の列車と桜

江の川と列車と桜…。
駅のホームから見ることができたころの、旧三江線を象徴する光景。

駅は立ち入り禁止に 桜は以前と変わらず咲き誇る

廃線から2年。
現在は駅に立ち入れなくなっていて、ホームから桜を見ることはできないが、桜は以前と変わらずきれいに咲いていた。

島根・美郷町にある旧・潮駅。
1.5kmにわたり350本のソメイヨシノが咲き誇る、沿線屈指の桜の名所。

今は列車は走っていないが、平日でも花見客の姿が…。

「三江線の思い出はいっぱい 廃線は寂しかった…」

地元の人:
やっぱり桜はきれい。色も柔らかいしね、花曇りでちょうどいいんじゃないですか。1年間で1番良い景色

そして2年たった今でも、三江線の廃線を惜しむ声が聞かれた。

地元の人:
寂しかったですよ、廃線で

地元の人:
小さい時から、物心ついた時から三江線の思い出っていっぱいあるわけですよ。寂しい…駅舎が解かれていないのも寂しい気がしますよね

広島・三次市から来た人:
(桜と)すれすれのところを列車が来ているところを写真に撮らせてもらっていましたけど。機会があれば、また訪ねてみたい

列車の音が途絶えた今も、静かな風に揺れる美しい桜は今までと変わらず咲き誇り、訪れる人の心を癒していた。

(山陰中央テレビ)