12月4日から始まった陸上自衛隊とアメリカ軍による日米共同訓練で、アメリカ軍の輸送機オスプレイの飛行予定があると県に情報が入った。
岩手・盛岡市でも飛行するオスプレイとみられる機体の姿が目撃された。

午前11時半ごろ盛岡市本宮のめんこいテレビ上空を飛ぶ航空機。
両翼にプロペラが二つ付いたオスプレイと見られる機体で、南に向かって飛んでいった。

12月4日から始まった日米共同訓練は12月17日まで北海道の矢臼別演習場や滝沢市の岩手山演習場など北海道・東北の合わせて5カ所で行われている。

県によると、12月6日午前10時ごろ東北防衛局からオスプレイが飛行する予定との情報が入った。
当初は飛行予定はないということだったが、アメリカ軍の運用の変更が突然あったという。

訓練は12月6日午後9時まで行われる予定で、午後3時時点では岩手山演習場付近を飛んだという情報は県には入っていない。
飛行が確認されれば県内では初の訓練飛行となる。

県は東北防衛局に対し県民の安全の確保や不安の払しょくのため情報の提供を求めているが、飛行時間やルートは事前に明らかにされていない。