長野市の荻原健司市長が就任後、初めての市議会に臨み、「元気な長野市を創っていきたい」と所信表明しました。

2日、開会の12月長野市議会。荻原健司市長が就任後、はじめての市議会に臨み、所信表明しました。

長野市・荻原健司市長:
「市民生活と地域経済を守るための施策を着実に実施し、元気な長野市を創っていく」

提出した補正予算案は、低所得の世帯に市独自で子ども1人5万円を給付する経費など、新型コロナ対策を中心に総額45億2900万円に上ります。

議会は、8日から一般質問が始まり、20日に閉会します。