プレスリリース配信元:株式会社PLAN-B

大人のなりたい職業ランキング1位は「ライター」、8位には「WEBデザイナー」「プログラマー」がランクインしており、いずれも理由は「在宅でできるから」と現在の働き方を考えさせられる結果となった。

株式会社PLAN-B(東京本社:東京都品川区、代表取締役:鳥居本 真徳)が運営する、メディア「エラベル」が全国の男女1231人を対象に「大人のなりたい職業」に関する アンケート調査を実施しました。 ▼詳細はこちら YouTuber?エンジニア?令和時代の大人1231人のなりたい職業ランキングTOP10! https://elabel.plan-b.co.jp/job-change/6423/






調査結果まとめ

1.大人のなりたい職業ランキング1位は「ライター(Webライター)」56人で、「在宅で仕事ができる」「物を書くことが好きだから」といった理由が見られた。

2.新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、どんな状況であっても収入が安定している「公務員」になりたいと思う人が54人で2位という結果に。

3.「ライター(Webライター)」「YouTuber」「Webデザイナー」「プログラマー」などの職業がランクインしており、多くの人が会社という場所に囚われず、自宅でもできる仕事がしたいと思っていることがうかがえた。

4.現状のストレスの原因・要因が人間関係であることが現れている「仕事の重圧や職場の人間関係に疲れた」といったコメントもあり、なりたい職業に「工場勤務」と回答。人と関わることのない単純作業を望む人も見られた。

5.ランキングには入らなかった、興味深い大人のなりたい職業には「政治家」や「総理大臣」といった回答も。理由は憧れではなく「寝ているだけで大金が入る」「日本が心配」というコメントが占めるという皮肉な結果に。



調査背景

子供のなりたい職業ランキングは毎年発表され、時代背景によってランキングの内容が変わりますが、小学生男子のなりたい職業ランキングの1位2位3位は8年連続で「サッカー選手」「野球選手」「医師」が占めています。(※1)一方、大人のなりたい職業ランキングは実はそう多く調査されてきていませんでした。「生まれ変わったらなりたい職業ランキング」(※2)は発表されていますが、せっかくなら「今」も知りたいですね。

大人になると、現実問題的に子供の頃に夢見ていた職業に就ける人がすべてではありません。世間を知り、現実社会に生きる中、みなさんどんな職業になりたいと思っているのでしょうか。そこで今回エラベルでは、全国の10代~70代の男女1231人に「大人のなりたい職業」についてアンケートを実施しました。


回答者の年代と性別



※アンケート回答者の「居住地」は本記事で掲載


大人がなりたい職業ランキングTOP10!3位「医師」2位「公務員」1位は...?!



■1231人が選ぶ!大人がなりたい職業TOP10
1位 ライター…56人
2位 公務員…52人
3位 医師…46人
4位 YouTuber…38人
5位 薬剤師…31人
6位 投資家…29人
7位 看護師…28人
8位 WEBデザイナー…26人
9位 プログラマー…25人
10位 教師…22人


今回のアンケートでは様々な職業の名前があがり、バラつきが多く見られました。そのため、1位であっても56人と全体の4.5%でしかありません。また、回答の6割以上が女性だったため、女性のなりたい職業によっている印象です。多種多様な職業がある中、集中して人数が多かった「大人がなりたい職業」には、それぞれ選んだ理由や傾向があるようです。


1位:ライター



大人がなりたい職業ランキングの1位は「ライター(Webライター)」56人でした。

ライターといったらフリーランスであることがほとんどで、収入も不安定でコツコツと物を書き、お世辞にも華やかな職業とは言い難いでしょう。それでも数ある職業の中でライターが1位となったのは、意外な結果と言えるのではないでしょうか。

今回のアンケートでは「その職業でこうなりたいと思う有名人がいたら教えてください」と聞いたところ、

・斎藤美奈子さん...「書評が面白いから。人を引きつける文章だと思う」(女性 / 30代 / 東京都)

と文芸評論家の名前があがっていました。ライターで食べていくことはとても大変で、売れっ子ライターになれるのはほんの一握りです。そもそも、売れっ子ライターにどんな人がいるのか知らない人もいるでしょう。それでもライターになりたいと思っている人は、一体どのような理由があるのでしょうか。

■実際のコメント
「自分の時間配分で仕事ができ、自由な時間を増やす事ができて心も豊かになると思います」(男性 / 40代 / 和歌山県)

「誰かをちょっとクスッと笑わせる事が出来る優しさと面白さが溢れた文章を書けるようになりたいため」(女性 / 20代 / 北海道)

「昔から文章を書く仕事に興味があった。(才能はさておき)歳を重ねても続けられるかな?と思ったから」(女性 / 50代 / 千葉県)

「場所や就業時間、仕事量などをある程度自分で調整ができ、今の時代に合った自由な働き方だと思うため」(男性 / 30代 / 新潟県)

「社会人になってから、会社のしきたりや人間関係に悩まされることが多く、組織に所属して働くことの大変さを痛感しています。ライターの方は、在宅で自分のペースで仕事をされている方が多いイメージで羨ましく思いますし、私のように人と接することに少し苦手意識のある人には働きやすそうに感じるのでなりたいです」(女性 / 20代 / 岩手県)

実際に「在宅でできる」「場所や時間を縛られることがない」といったコメントもありましたが、「文章を書くのが好き」というコメントが多く見られました。

会社という枠組みに縛られることなく、自分の好きなことを仕事にしたいと思っている人が少なくないという結果なのかもしれません。

2位:公務員



大人のなりたい職業ランキングの2位は「公務員」52人でした。

公務員は景気に左右されることなく安定した収入が得られる職業で、やりたいことというよりは安定を求める人が多いのかもしれません。新型コロナウイルスの感染拡大によって、収入が減った人、解雇されてしまった人、生活が困窮することになってしまった人など、飲食店をはじめ観光業や接客業、店舗営業などさまざな職種が大きな影響を受けました。

しかし、公務員の収入には何の影響もなく、そういった部分でも公務員になりたいと思う人が増えているのかもしれません。実際のコメントをご紹介します。

■実際のコメント
「不景気もなく給与も定年まで安定しているので」(女性 / 50代 / 長崎県)

「一般のサラリーマンよりも安定していて給料もそれなりに貰え、ステータスも高いと思うので」(男性 / 20代 / 東京都)

「安定した給料、福利厚生が良い」(男性 / 30代 / 山口県)

「休みが多い」(男性 / 50代 / 愛媛県)

「コロナの影響もなく給与が普通にもらえているし残業が増えていてもきちんと残業代を頂けるので」(男性 / 50代 / 東京都)

公務員と回答した人では、「休日が多い」や「収入の安定性」といったコメントがほぼすべてを占めていました。

「警察官」や「消防士」も公務員ですが、これらのコメントから役所仕事のイメージが強いことがうかがえます。夢や希望を求めるよりも、生活の安定を求める現実的な回答となったのではないでしょうか。

また、ランキングには入りませんでしたが、「警察官」と回答した人は5人、「消防士」と回答した人は2人いましたよ!


3位:医師



大人のなりたい職業ランキングの3位は「医師」46人でした。

医師は専門職であることから高給な収入であることや、人の命を救うために欠かせない存在で、安定した職業です。実際、子供のなりたい職業ランキングでも、生まれ変わったらなりたい職業ランキングでも上位にランクインしている職業ですが、近年は新型コロナウイルスの働きや、多くのテレビドラマの影響もあると考えられます。

「なりたいと思う有名人がいたら教えてください」では、実際に

・月9ドラマ「ラジエーションハウス」の窪田正孝さん演じる放射線技師兼放射線科医...「謙虚な姿勢でいつも患者さんのためを想っている所と読影能力の高さ」(女性 / 40代 / 兵庫県)

という回答もありました。

■実際のコメント
「息子の遺伝子の病気を治すことができるかもしれないから」(女性 / 40代 / 長野県)

「ドクターXを観て」(女性 / 40代 / 鹿児島県)

「やりがいがありそうだし、お金も稼げそうだから」(男性 / 30代 / 富山県)

「年収も高く社会的地位も高い」(男性 / 30代 / 宮城県)

「学生の時に目指したが果たせなかった職業であり、最近のコロナ禍での活躍をみて」(男性 / 40代 / 北海道)

「人の命を救える素敵な職業だから。特にコロナ禍で大変な中、一生懸命患者さんのために働いていらっしゃる姿に感動した」(女性 / 20代 / 福岡県)

「小さい頃からの夢」「身内の病気を治すことができるかもしれない」といったコメントもありましたが、「コロナ禍で~」というコメントが多く見られました。

大変な状況の中、必死に治療にあたってくれた医師たちの姿は、多くの人の心に感動を与えたことでしょう。


4位:Youtuber




大人のなりたい職業ランキングの4位は「Youtuber」38人でした。

近年、Youtuberの活躍は目覚ましく、動画を配信するだけで大金を稼ぐことができる夢のような職業に憧れを抱く人は多いのかもしれません。学歴も年齢も関係なく、たくさんの人に見てもらうことが収入に繋がるというのはSNSが盛んとなった今の時代ならではの職業でしょう。

「なりたいと思う有名人を教えてください」の質問では、

・ヒカキンさん...「規模の大きさというよりは、注目を浴びる存在となっても初心を忘れない、人柄のようなものがいいなと感じるので」(女性 / 30代 / 兵庫県)

・ヒカルさん...「収入はもちろん、手広く成功してるから」(男性 / 30代 / 福岡県)

・ふくれなさん...「カップルチャンネルをしていて別れた後でも1人で活躍しているため」(女性 / 20代 / 京都府)

といったYoutuberの名前があがっていました。成功している人を見ているからこそ、自分も成功できるかもしれないという夢を抱くのかもしれません。実際のコメントをご紹介します。

■実際のコメント
「夢がある。本業でなるにはリスクがあるが、当たればでかいので副業として取り組むには悪くないと思う。とは言えある程度戦略的にやらないと埋もれるだけなので、分析は必須」(男性 / 30代 / 大阪府)

「内容や生活、その他に関しても自由度が高いと感じるから」(女性 / 30代 / 兵庫県)

「自分の得意分野を生かして、シェアできることに魅力を感じます」(女性 / 40代 / 富山県)

「自分がしたい事が収入になって且つやり方次第では人並み以上の収入が得れる可能性があるので」(男性 / 30代 / 大阪府)

「動画編集などが元々趣味でネタさえあればできそうだから」(女性 / 20代 / 兵庫県)

近年、YouTubeの収益化条件は厳しくなり(※3)、条件をクリアして収益化の登録をしようとしても不承認ということもあります。簡単そうに見えますが、1発当てたくらいでは収益化することはできないのが現実。実際はかなり大変な職業であることは間違いないでしょう。


5位:薬剤師



大人のなりたい職業ランキングの5位は「薬剤師」31人でした。

高齢化社会であることや健康保険の導入で病院を受診する需要が高い日本ですが、病院に行けば必要でなくてもたくさんの薬を処方されるのが当たり前になっています。そもそもの医療教育を見直すべきだと「薬漬け医療」について長年議論されてきていますが、その問題が解決されない限り薬剤師の需要が減ることはないでしょう。

薬剤師は医療従事者に当たりますが薬の専門家のため、処方箋に基づいて薬を調剤したり、薬局で相談に乗ったりする姿を見かけますね。その様子を見て、薬剤師は需要がなくなることはなく、高収入で楽な仕事だと思う人も少なくないようです。実際のコメントをご紹介します。

■実際のコメント
「都会でも田舎でもできる仕事だから。病院だけでなく薬局でもあって定時で帰れて医療系でも汚い仕事もしなくていいし最高だと思います」(女性 / 30代 / 愛知県)

「年齢や地域を問わず働くことができ、高齢化社会の中でかかりつけ薬局として需要も高まっているから」(女性 / 40代 / 東京都)

「医療系の資格は強いし、看護師や医者と比べて定時に上がれるため」(女性 / 30代 / 岐阜県)

「薬に敏感な体質なためもっと詳しくなりたいと思ったのと、給料が高く安定した職種だからです」(男性 / 30代 / 福島県)

「手に職があるのは強い」(女性 / 30代 / 埼玉県)

「楽そうな仕事で収入も良いと思うからです」(男性 / 40代 / 茨城県)

薬剤師になるためには大学の薬学部に6年通い、後に薬剤師国家試験に合格しなければいけません。(※4)

合格率は高いため、薬学部でしっかり学べば薬剤師になることは難しくなく、なってしまえば医師や看護師同様に仕事がなくなることはありませんが、それだけ大変な思いをしているとは知らない人も多いのではないでしょうか。


ほかには、以下の内容を本記事で紹介しています!



6位「投資家」、7位「看護師」、8位「WEBデザイナー」、9位「プログラマー」、10位「教師」についての見解や実際のコメント
性別と年代別で見た大人がなりたい職業の傾向
「工場勤務」「政治家」「キャバ嬢」など回答理由が興味深い職業についての見解や実際のコメント



気になる人はぜひ本記事をチェックしてください。


この記事について

▼本記事
YouTuber?エンジニア?令和時代の大人1231人のなりたい職業ランキングTOP10!

https://elabel.plan-b.co.jp/job-change/6423/

▼掲載サイト
エラベル(ELABEL)(https://elabel.plan-b.co.jp

▼運営会社
株式会社PLAN-B(https://www.plan-b.co.jp/
代表取締役:鳥居本 真徳
従業員数 :149名
事業内容:デジタルマーケティング事業、メディア事業

※転載時・引用時のお願い
本記事を転載または引用をされる場合は、情報元として以下のサイト名とURLの掲載をお願い致します。 ・サイト名:エラベル(ELABEL) ・URL:https://elabel.plan-b.co.jp/

▼調査概要
・アンケート内容:大人がなりたい職業に関するアンケート
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:1231名(男性409人 / 女性822人)
・アンケート実施期間:2021年11月16日~2021年11月17日
※この記事で使用される百分率(%)は各項目の数値が割り切れない場合、その総数が99.9%~100.1%の間で変動致します。


参考文献

(※1)参考:日本FP協会「小学生の将来なりたい職業ランキングトップ10」https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/files/ranking.pdf
(※2)参考:株式会社ビズヒッツ「生まれ変わったらなりたい職業ランキング」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000041309.html
(※3)参考:YouTube「収益化機能を有効にするための最小限の資格要件」https://support.google.com/youtube/answer/72857?hl=ja
(※4)参考:厚生労働省「薬剤師国家試験」https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/yakuzaishi/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。