専門学校で学ぶパティシエの卵たちが作っているのは子どもたちにプレゼントするクリスマスケーキです。指導を受けながら1つ1つ丁寧に仕上げていきます。

福祉施設にケーキを贈る取り組みは県洋菓子協会が毎年続けていて今回も特製のチョコレートケーキ300個が完成しました。

学生「(子ども達に)笑顔になってもらいたいというのが一番で、また食べたいと思ってもらえたら嬉しいなと思います。」

「丁寧にプロの方たちに教えていただいて、できるようになったのでとても嬉しかったです。素敵なクリスマスを過ごしてほしいなと思いました。」

真心のこもったケーキは2日県内の福祉施設に届けられます。