まちなかから喫煙場所が減る中、高松市中心部のオフィスビル内に公衆の喫煙所が開設されました。

公衆喫煙所が開設されたのは、高松市中心部のオフィスビル、高松スクエアビルの1階です。

広さは約25平方メートル、室内には灰皿だけでなくウイルスの活性化を抑える機器も備えています。

1日、このビルに移転したJT香川支店がまちなかから喫煙場所が減る中、愛煙家にたばこを楽しめる場所を提供しようと事務所の一角に開設しました。

(JT香川支店地域リレーション担当 水野祐太郎課長)
「吸う人と吸わない人が共存できる社会を目指しているので、高松市に貢献できる施設になればと思い作ったマナーにつながれば。」

この公衆喫煙所は、平日の午前9時から午後5時半まで誰でも利用することができます。