立憲民主党の代表選が行われ新代表に泉健太政調会長が選ばれました。長野県内の議員は「若さに期待したい」と話しています。

「泉健太候補が、立憲民主党の新しい代表に当選したことを報告します」

30日、投開票が行われた立憲民主党の代表選。47歳の泉健太政調会長が、新たな党の顔となりました。

4人が立候補した今回の代表選。長野県選出の議員は、1回目の投票で泉健太政調会長と西村智奈美元厚労副大臣に支持が分かれました。

決戦投票では、下条議員、神津議員、羽田議員が引き続き泉政調会長に。杉尾議員は逢坂元首相補佐官に投票しました。県連代表の篠原議員は「投票先は明かさない」としています。

篠原議員は「泉新代表は47歳と若く明るい人柄で代表にふさわしい。来年の参院選に向け野党共闘の課題解決など引っ張って欲しい」と話しています。