沖縄のステーキ文化発祥の地とされる沖縄市で29日、「ステーキの日」が制定されました。主催者は沖縄のステーキの魅力を発信したいと意気込んでいます。

沖縄のステーキ文化は1950年代、コザの街に店を構えた「ニューヨークレストラン」が初めてステーキを提供したことが始まりとされています。

沖縄市料理飲食業組合は29日、沖縄のステーキ文化を守り、多くの人に魅力を伝えようと、数字の語呂合わせでいい肉となる11月29日を「ステーキの日」に制定しました。

セレモニーには屋台も出店し、訪れた人たちは美味しいステーキに舌鼓を打っていました。沖縄市料理飲食業組合當山康司組合長『コロナ禍で厳しい時代ですけど、各店舗・各通り会が力を合わせて肉のお祝いをするイベントを設ければ地域が活性化するのではないかと思っています』

組合では今後、ステーキの日に合わせ県内のステーキ店が一堂に会すイベントの開催も検討しています。