プレスリリース配信元:Peaceful Morning株式会社

RPA関連サービス数が3年で3倍!全210サービス掲載、増え続けるサービスをプロセスごとに徹底分解。

RPA専門のメディア「RPA HACK」、RPA導入後の社内開発者研修サービス「Robo Runner(ロボランナー)」等、RPA領域で包括的にサービスを展開するPeaceful Morning株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:藤澤 専之介 以下「当社」)は、RPA導入・推進を取り巻くユーザーの課題を解決するサービスをまとめた「RPAサクセスカオスマップ2022年版」を公開します。 「RPAサクセスカオスマップ2022年版」<掲載サービス詳細ガイドブック付き>は、無料ダウンロード可能です。


▼ダウンロードはこちら▼
https://rpahack.com/ebook/rpa_caosmap_2022

■RPA導入プロセス別にマッピングした「RPAサクセスカオスマップ2022年版」



昨今、コロナ禍におけるテレワーク・リモートワークなど、ワークスタイルのシフトや、デジタルトランスフォーメーションの推進を進める企業が増える中、RPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション)によるデスクワークの自動化への注目度もますます高まっています。
2021年は、RPAツールの導入が昨年以上に一般的となり、大企業~中堅企業だけでなく、中小企業にもRPA導入が大きく拡がった1年となりました。

RPAの普及に伴い、関連サービスも年々増加しており、当社がカオスマップを最初にリリースした2018年の掲載63サービスから、今回リリースした2022年版では210サービスとサービス数が約3年で3倍以上に増えています。

一方で、RPAに関わる企業やサービスが増えていく中、サービスの枠組みが複雑化しユーザーが課題に沿った適切なサービスを選択しにくい状況も生まれつつあります。
そのような状況に対応するため、それらサービスを企業のRPA導入におけるプロセス別に可視化した「RPAサクセスカオスマップ2022年版」として纏めました。
さらにサービスを詳細に解説した「カオスマップGUIDE BOOK」と一緒に参照する事で、RPA関連サービスを体系的に把握する事が可能です。

▼RPAサクセスカオスマップGUIDE BOOK 2022年版ダウンロードはこちら▼
https://rpahack.com/ebook/rpa_caosmap_2022

■RPAサクセスカオスマップ2022年版の使い方



新たにRPA導入を検討してみると、担当者は様々な課題に直面します。
先ずはRPAについて知るための情報収集から始まり、ツール選定、導入のための社内調整や開発体制作り、その後の運用など、課題は多種多様にあります。
RPA需要の増加に伴い、それら課題を解決するサービスも多く生まれていますが、同時に「自身が必要とする、最適なRPAサービスの情報にアクセスする」ことが難しいのも現状です。
「RPAサクセスカオスマップ2022年版」では、RPA担当者が抱える課題を軸として工程別にまとめており、状況に合わせて課題解決に役立つサービスが一目で分かるように掲載しています。


カオスマップGUIDE BOOKより抜粋
【情報収集】
「自社でRPA化するのはどのような業務がいいか」「同業他社はどのようにRPAを活用しているか」
スムーズにRPAの導入を行うためには、事前の情報収集は欠かせません。
セミナーやメディア、コミュニティを活用することで効率的に情報収集することが可能です。

【ツール選定】
RPAツールは機能のアップデートが早く、近年では外資のRPAベンダー中心に他製品ベンダーを買収し機能追加するケースが多くあります。1ツールだけでも何ができるかを把握するのが難しい…というのが製品選定を行う担当者様の本音ではないでしょうか。
国内外を問わずツールが増加する中で、まずはどのようなRPAツールがあるのかGUIDEBOOKを活用して確認してみましょう。

【導入・開発】
「ようやくRPAツールを導入!効率的に進めるために気を付けなくてはいけない事はどんなこと?」
スムーズにRPAを浸透させるには初期のプランニングが重要です。
社内のコミュニケーションラインの調整や、開発体制の構築など、自社の導入目的に沿ってスケジュールを立てます。「導入・開発」サービスを上手に活用し最適なRPA開発を進めましょう。

【運用・発展】
「RPAをさらに賢く使いたい!さらなる自動化・効率化にはどんな方法があるんだろう」
RPAと連携するAI-OCR等のサービスも年々増え、2022年版からは新たにIDP(インテリジェント・ドキュメント・プロセッシング)、LCDP(ローコード開発プラットフォーム)を追加しました。
社内に自動化ナレッジを蓄積し、継続的にRPAを社内展開していく事で、人的業務と自動化業務を分けた社内体制を構築できます。

■企業のRPA推進を成功させる方法
企業のRPA導入・DX化が増加傾向にある中で、実際にRPAの活用に関しては成功している企業とそうでない企業に分けられます。
失敗の理由は様々ですが、その多くは事前の情報収集や社内調整が上手くいかないなどの「準備が足りていないケース」と、社内に知見がなく開発が進まない、社内にノウハウを溜められず他部署に展開できないなどの「ノウハウが不足しているケース」です。
RPA開発は一つの業務を自動化して終わりではなく、一つの成功をもとに社内に自動化領域を拡げていくことが大切です。
そのためには「社内で対応すべきこと」「社外のサービスを活用すべきこと」の住み分けが重要であり、RPAの活用を成功させるためにもRPAに関連する様々なサービスを適切に選ぶことが求められます。
本カオスマップがRPA担当者様のサービス選びの役立ちますと幸いです。

■Peaceful Morning株式会社について https://peaceful-morning.com/
Peaceful Morningは、『我慢しないで働ける社会を創る』というミッションのもと、業務自動化テクノロジーを通じて、我慢せず自由にクリエイティブな仕事ができる社会の実現を目指しています。2018年の創業からRPAに関する専門メディア「RPA HACK」、RPA開発者育成サービス「Robo Runner」、国内最大級のRPAエンジニアのプラットフォーム「RPA HACKフリーランス」等、自動化・デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に必要な事業を行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。