担任のチェックも必要だが…子供たち自身の“自己管理”も大切

愛知・弥富市の中学校で、男子生徒が包丁で刺され死亡する事件があったが、これまでにも全国では、生徒が同級生らに殺傷される事件があった。

学校の安全対策は、2001年に大阪の池田小学校で児童8人が殺害された事件をきっかけに進められてきた。
しかし、それは「学校に侵入する外部からの不審者」という視点だった。

今回事件が起きた弥富市の中学校でも、不審者の対応についてマニュアルを策定していたが、生徒が刃物などを持ち込むことは想定していなかった。

この記事の画像(3枚)

1998年ごろにも、少年によるバタフライナイフなどの刃物を使った事件が相次ぎ、ナイフを持たせない取り組みがあったものの、学校に金属探知機を設置して身体検査をすることはなかなか現実的ではない。

そうした中、長崎・佐世保市で2004年、小学校で小学6年の女児が同級生にカッターナイフで殺害される事件があり、その後、市内の小中学校でははさみやカッターナイフ、それに彫刻刀などの刃物は担任が管理するようになった。

また月1回「整理整頓の日」を設け、机の中にいらないものや危険なものがないかを子供たち自身が確認しているという。これは担任がチェックするのではなく、子供がすることで「自分の持ち物を自己管理できるようにする」といった狙いがあるという。

(東海テレビ)