新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国会では、安倍首相らがマスクを着けて参議院の決算委員会に臨んだ。

安倍首相は緊急事態宣言について、「今この時点で出す状況にはない」とあらためて強調した。

社民・吉田忠智議員「私権の制限と経済への影響が大きい。慎重にすべきだ。今の現状認識は」

安倍首相「今この時点で、緊急事態宣言を出す状況ではないと考えている。基本的には、何よりも国民の命、健康を守ることを第一に判断していきたい」

安倍首相は、緊急事態宣言について「例えば総理大臣とか国が、強大な権限を持つ事ではない」と前置きしたうえで、「知事が権限を持ち、それぞれ必要な要請・指示を行うものだ」と説明した。

また、「フランスでやっているようなロックダウンはできない。そこには誤解があるのだろう」と述べ、強制力をともなう、海外での都市封鎖には結びつかないという認識を強調した。