県内では27日新型コロナウイルスへの感染が新たに2人確認されました。

感染が確認されたのは宜野湾市と中部保健所管内に住む20代と30代の女性2人です。直近1週間の新規感染者数は11人で、前の週よりも4人増加しました。

人口10万人あたりの新規感染者数は0.67人できのうに続き全国平均を上回りました。

ところで県は今年3月から9月までに発生した感染の第4波と第5波の対応や分析などをまとめた中間報告を公表しました。

クラスターの発生は家庭内が106件と最多で次いで社会福祉施設や職場などとなっています。

また、亡くなった268人のうち感染経路は病院が43.3%、次いで福祉施設が26.9%と施設内感染が7割を占めました。

感染の第6波への備えについて県は一般医療への影響を最小限に食い止めるため宿泊療養施設の拡充や対応する看護師の確保などを強化する方針です。