東日本大震災の後、岩手県山田町で発見され身元が分からなかった男性が、当時山田町に住んでいた78歳(当時)の男性と判明した。遺骨は11月26日、遺族に引き渡された。

身元が判明したのは、山田町に住んでいた竹内直治さん、当時78歳。
竹内さんの遺体は、東日本大震災発生の2日後の2011年3月13日に自宅近くで発見されたが、火災による損傷が激しくDNA鑑定や歯型の照合では身元が判明しなかった。

こうしたことから岩手県警は、細胞内のミトコンドリアに含まれるDNAを鑑定し、そのうえで、母型の家系と同じDNAを持つ事が判明。
親族に他に行方不明者がいないことや発見場所が自宅の近くであることなどから、遺体は竹内さんであると判断された。

竹内さんの遺骨は26日、遺族に引き渡されたという。