自動車メーカーのスズキは、エンジンの部品の不具合があったとして「ハスラー」など約18万台のリコールを国土交通省に届け出ました。

リコールの対象は2017年4月からおととし12月までに製造された「ハスラー」と「スペーシア」それにスズキの工場で製造されたマツダの「フレアクロスオーバー」「フレアワゴン」の4車種18万台あまりです。

スズキによりますとエンジンの排気を制御するバルブの不具合で、塩水がかかるとバルブがさびてしまい停車する際に急にエンジンが止まるおそれがあるということです。

ユーザーからの不具合の報告が相次ぎ調査を行った結果発覚しました。

これまでに事故の報告はありませんが同様の不具合の報告は103件ほど寄せられているということです。