冬型の気圧配置や上空に寒気が流れ込んでいるため、26日の新潟県内は大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。

県内では断続的に雨が降り続き、降り始めから26日午前5時までの降水量は、新発田市(赤谷)で258.5ミリ、五泉市(村松)で200.0ミリとなっています。

27日午前6時までの24時間に降る雨の量は、多い所で上越70ミリ、中・下越60ミリと予想されています。

雨の影響で、磐越西線上りの五泉駅と福島県・会津若松駅の間では一部の列車に遅れが出ています。

これまでに降った雨により地盤の緩んでいる所があるため、新潟地方気象台は中越・下越・佐渡では28日ごろにかけて土砂災害に注意・警戒するよう呼びかけています。