プレスリリース配信元:株式会社 ESP総研

MaaS(Mobility as a Service)×未来予測

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、未来予測レポート“MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS (Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~ を発刊しました。


■はじめに

“MaaS(Mobility as a Service)”を取り巻く環境は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

特に、“MaaS(Mobility as a Service)” に着眼する当事者の方々ならびに“MaaS(Mobility as a Service)” に着眼する関連事業者の幅広い皆さまからである。

今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

こうした声を受けて、『“MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS(Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~』を発刊することとなった。

「MaaS(Mobility as a Service)」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

重視した抽出条件は、「将来、“MaaS(Mobility as a Service)” に着眼する当事者などの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“MaaS(Mobility as a Service)” に着眼する関連事業者にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

今回、ESP総研では総力を結集して“MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS(Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

MaaSにおける様々な「シェアリングサービス」の誕生により「自動車を保有する時代」から「自動車を共有する時代」に推移するだろう。

MaaSにおける「公共交通」「配車サービス」による変化によって、複数の交通機関が一元的に検索・予約・決済ができ、人がシームレスに移動するようになるだろう。

MaaSの普及により「ビジネス」の在り方も「パーソナライズ」や「付与価値向上」に重点を置いたサービスが増加すると思われる。

今回の調査を通して「MaaS」は社会をより豊かにするものだと強く感じた。

皆さまからの強い期待とリクエストによって、“MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS(Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「MaaS(Mobility as a Service)」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

■調査対象

・「MaaS(Mobility as a Service)」分野 全般

■サブタイトル

~ “MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵12枚、個票絵156枚≫~

■調査方法

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“MaaS(Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

■調査&レポート期間

・ 2019年12月1日(MaaS(Mobility as a Service)×最先端技術調査開始)~2020年2月5日までMaaS(Mobility as a Service)×最先端技術調査を実施し、2020年4月1日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研

(1)(未来絵)イラスト観点抽出<MaaS(Mobility as a Service)×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

■トータル・ページ数(報告書)

・182ページ

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=9879

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ