南アフリカの国立伝染病研究所は25日、新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスが確認されたと発表した。
 
専門家は、デルタ株よりも感染力が強い可能性があると懸念を示している。
 
新たに発見された変異ウイルスは、南アフリカのヨハネスブルクのあるハウテン州などで急速に広がっているほか、隣国・ボツワナや香港でも、南アフリカからの旅行者の感染が確認されている。
 
専門家によると、「新たな変異ウイルスは、デルタ株などよりも多くの変異を起こしていて、感染力が強く、免疫を回避する性質が強い可能性がある」という。
 
イギリスは、26日から南アフリカを含む、アフリカ6カ国からの飛行機の乗り入れを一時的に禁止する。
 
WHO(世界保健機関)は、26日にこの変異ウイルスについて協議する予定だが、ワクチンなどへの影響がどの程度あるのか判明するまで数週間かかるとしている。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ/ワクチン】特設ページ