軽石の漂着が続く伊豆諸島の三宅島で、25日、軽石がオイルフェンスを越えて、初めて港に流入したことから、東京都は、軽石の撤去も視野に検討を進めている。
 
三宅島では、11月20日から、5つの漁港すべてにオイルフェンスを設置していたが、25日、島北部の大久保漁港で、軽石が初めてフェンスを越えて流入した。
 
東京都の三宅支庁によると、軽石はここ数日の強風の影響でフェンスを越えたとみられ、今後、漁船に被害が出た場合は、軽石を撤去することも検討している。
 
三宅島では、26日までに6カ所で軽石が確認されていて、影響が長期化している。