愛知県弥富市の中学校で男子生徒が包丁で刺され死亡した事件で、警察が逮捕した男子生徒の自宅からスマートフォンを押収し、SNSでのトラブルがなかったなど解析を進めていることがわかりました。

 弥富市の中学校では24日、3年生の伊藤柚輝さん(14)が包丁で腹の辺りを刺されて死亡し、警察は現行犯逮捕した同学年の14歳の男子生徒を殺人の疑いで調べています。

 警察は24日、逮捕した男子生徒の自宅を家宅捜索し、本人の部屋からスマートフォンを押収しました。

 男子生徒はこれまでに、「2人の間にトラブルがあり嫌な思いをした」という趣旨の供述していて、警察はSNSのトラブルがなかったかなど解析を進めています。

加害生徒を知る男性:
「おとなしい子だと思うんだけど。正直言ってそんな(事件を起こす)ことはないと思っとる、あの子の感じでは。だけど心の底までは読めないもんね」

 男子生徒は凶器の包丁を「ネットで買った」と話していますが、部屋からは、ほかの刃物など犯行につながるものは見つかっていないということです。

 警察は動機などについて慎重に調べています。