12月を目前に、冬の寒気が日本列島に襲来。
 
この週末は、本州の日本海側でも、まとまった雪になるおそれがある。
 
26日も北日本を中心に、冷え込みが強まった。
 
北海道・札幌市では、今シーズン初の冬日となる、氷点下0.5度を観測。
 
陸別町では、今シーズン全国で初めて、氷点下10度を下回る厳しい冷え込みになった。
 
記録的な大雪が続く上川地方では、幌加内町朱鞠内で93cmと、今シーズン全国で最も多い積雪となった。
 
週末の雪の見通し。
 
午後は北海道だけでなく、東北の南部や北陸周辺でも、本格的な雪になるとみられる。
 
特に26日夜から27日にかけては、強い雪を示す紫の部分が、山沿いを中心にかかる見込み。
 
まだ雪が降っていない地域でも、今シーズンの初めての雪が、まとまった雪になる可能性がある。
 
冬タイヤの準備など、早めの備えが必要となる。