11月14日、福岡市で暴走した車が別の車に衝突し、そのまま走り去った事件で、発生の翌日に、男2人が警察に自ら名乗り出ていたことがわかった。
 
11月14日午後2時半すぎ、福岡市・天神の新天町の交差点で、普通乗用車が暴走して軽乗用車に追突し、標識をなぎ倒しながら、その場から逃走した。
 
警察は、逃げた普通乗用車の行方を捜していたが、事件の翌日に、20代の男と10代の少年が、自分たちが運転していたとして、警察に名乗り出ていたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 
防犯カメラの映像などから、普通乗用車には男2人が乗っていて、熊本ナンバーだったことがわかっている。
 
警察は2人から事情を聴いていて、運転手を特定でき次第、道路交通法違反などの疑いで立件する方針。