青森県の旬の特産品を集めたフェアが、岡山・香川などで営業するスーパー、マルナカで行われています。

このうち高松市のマルナカパワーシティレインボー店では、青森県の海の幸や山の幸38品目が集まりました。

特に生産量で日本一を誇るリンゴは、味覚や食感が違う17品種が揃っています。

青森を代表する「サンふじ」。甘味と酸味のバランスが良く、シャキシャキとした食感が人気の品種で、2021年は天候に恵まれ、非常に出来がいいということです。

また、青森県産のコメ「晴天の霹靂」。粘りのある食感とさっぱりとした味で、コメの食味ランキングで、デビューから6年連続で最上級評価の特Aに輝きました。

会場には、青森県産品のPRキャラクター「決め手くん」も訪れ、県産品の魅力を紹介していました。

この青森フェアは、中国、四国、兵庫エリアのマルナカなど、248店舗で11月28日まで行われています。