自民党は25日、「党改革実行本部」の初会合を開いた。

初会合で、茂木幹事長は、党の行動指針となる「ガバナンス・コード」の策定に向け、外部の有識者を交えた作業チームや、インターネットで国民の意見を聴く「党改革ボックス」の設置を表明した。

実行本部は、党役員の任期制限や、中堅若手の登用なども検討する。